2007/03/25

「ハゲタカ」 最終回

終わってしまいましたね・・・

冷静に見てられませんでした。

病院にいる時の大森さんと最後の大森さんのお顔の変化が印象深かったのでありました。

あまりにいろんなことがもりだくさんで、もう1時間長くして放送していただきたかった。

http://pianino.cocolog-nifty.com/pianino/2007/02/post_7206.html

ここで書いていた、合掌 の意味がわかりました。

暖かく、複雑で、十分重い「合掌」でした。

再び 鷲津さんに会いたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/21

「ドリームガールズ」

何日か前にこのドリームガールズを見て今でもその余韻に浸っています。
とっても良い映画でした。

アカデミー助演女優賞のジェニファー・ハドソンはこの映画がデビュー作らしく、まさにドリームガール! 10kg減量したという美しいビヨンセ・ノウルズ!
この二人はどっちが主役か!というくらい素晴らしかった。
前半はジェニファー・ハドソンの迫力、後半はどんどん美しくなっていくビヨンセという感じです。

音楽は懐かしい感じや、すごく迫ってくる曲、ポップな感じがあり、
黒人の声は遺伝子的によく響くようにできてるのではないか?と思うくらいパワーがありますね。

以下は見てない人は読まないでね。

続きを読む "「ドリームガールズ」"

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2007/03/19

「アンフェア the movie」

うーん 一番アンフェアなのは 製作者側???(^^ゞ

テレビ放送のときからずっと見ておりまして、面白いドラマだと思っていて、娘と一緒に盛り上がって見に行ってきました。

以下 ネタばれありです。

続きを読む "「アンフェア the movie」"

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007/03/04

「ハゲタカ」 NHKドラマ その2

先日も「大森南朋」さんについて書きましたが、NHKドラマ「ハゲタカ」がすごい人気のようですね。

銀行と外資ファンドのやりとりを見ていて、こういう世界があって、どちらの方も、すごい緊張感の中で生きてらっしゃるのだと、世間知らずの私にとって、少々驚きの世界です。
どちらがいいとか悪いとかよくわからないし、そういう次元の問題じゃない気もするのですが、ひとつの事象の裏側には、いろんなことが絡み合っていて、そこには、哀がただよっています。成功ってなんだ?と問いかけてくるような気もします。

以前NHK土曜ドラマで井上靖原作の「氷壁」を放送していたのですが、これは、途中で恋愛ドラマに変わってしまい、骨太の男のドラマではなくなっていったのですが、それにくらべ、キャストもいいし、有名すぎない(^^ゞ「大森南朋」さんを主役に持ってきたのが、当たった感じでしょうか?!病気をされていたという「柴田恭平」さんも久しぶりで渋いですし。今後は松田龍平さんが暴れてくれるのでしょうか?

さて そんな中このドラマのエンディングの画像が今の世の中を象徴し、そのバックで流れる音楽が不思議な世界を作っています。

音楽担当 佐藤直紀

TVドラマ『GOOD LUCK!!』『海猿』、映画『ローレライ』など、壮大な楽曲で注目作を支えるサウンド・クリエイター。
2006年、『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。

この方があの「嵐が丘」の作者エミリ・ブロンデが23歳の時に作った詩に曲をつけていて、素敵なというか私好みの(^^ゞ曲になっております。
歌っているのは「tomothetomo」。どんな方々でしょう?

この歌詞が150年前の23歳の女性が書いたものだろうか?とびっくりしてしまいます。

「富は問題ではない」 

このドラマはこれからどこに向かっていくのでしょうか・・・

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007/03/03

「秋の童話」 ソン・ヘギョ

韓国ドラマ「フルハウス」が関東限定で放送されているようですが、その主役の二人Rainとソンヘギョのファンの私に、友達が「秋の童話」を見せてくれました。
ソンスンホンとかウォンビンには興味がなく、ひたすらヘギョちゃんを見るのですが・・・あのフルハウスのヘギョちゃんとはちょっと違い、元気がないのであります。
でも 綺麗ですねこの方(^^)v

さて このお話は・・・

続きを読む "「秋の童話」 ソン・ヘギョ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/02/23

「ハゲタカ」 大森南朋

先週の土曜日にNHKのドラマ「ハゲタカ」を見まして、あまり知らない世界のことが描いてあり、明日の放送をとても楽しみにしている私です。
このドラマの主役は"大森南朋"(おおもりなお)さんで、たくさんの映画で、脇を見事に演じ、そして、「Dr.コトー」では心優しき人間を演じてらっしゃって、気になっていた役者さんです。

Dr.コトーの役とは違い、傷を背負いながらも、悪役とも言えるクールな人間を演じているのですが、それがなかなかカッコイイのです。
優しき人も、悪役も演じられるのが役者!と思っておりますので、彼はこれからもっともっと活躍してくれるといいなぁ~と心から願っております。

彼のサイトでは、彼の書く文章がなんだか味があって興味深く、また「Dr.コトー」撮影中のエピソードが書かれていて、へぇ~ こんな感じの人なんだぁ~とまた新たな発見だったりします。

文末の「-合掌-」も何故か気に入ってしまい、もう少し頻繁に更新してくれないかなぁ~と思います。

朋を「お」と呼ばせるんですね・・・
 私は おこ???(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/05

「マリーアントワネット」 ソフィアコッポラ監督

映画「マリーアントワネット」を観てきました。

ソフィア・コッポラ・・・脚本家 写真家 デザイナー 女優 と華やかな肩書きを持つ、あの有名なフランシス・フォード・コッポラ監督(地獄の黙示録・ゴッドファーザー)のお嬢さんがこの映画の「監督」です。
父親の映画はブラックなイメージですが、彼女の画面は色が華やかで、厭味無く綺麗です。シルクとサテンの世界が広がっておりました。

以下 ネタばれありです。

続きを読む "「マリーアントワネット」 ソフィアコッポラ監督"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/01/31

「インディージョーンズ 4」 ?

この冬休み中、娘と一緒に、我が家にあったインディージョーンズのビデオ3本を見て、「うん、レトロな感じだけど、やっぱり面白い(^^)v最後の聖戦は哲学的でいいわぁ~」と喜んでいたら、「インディージョーンズ4」の情報がちらほらと・・・

ハリソンフォードってもう 60歳よね(^^ゞどんな姿を見せてくれるんでしょうか?
ショーンコネリーが出てくれるのは嬉しいけれど・・・
時代が前作より若くなるということは(^^ゞ(^^ゞ みんなとーっても若作り???

ジョージルーカス スピルバーグ と 脚本はダラボン(ショーシャンクの空に’の脚本家)が組むなんて、最高!!!と思ってたら、ダラボンは降ろされちゃったらしい・・・どして?

キーラナイトレーが相手役ってほんとかな???

なんにせよ、いろんな噂が飛び交っているのですが、向こうではもう撮影がはじまるとか・・・公開は来年らしいけれど、楽しみにしておきます。

皆様健康管理にお気をつけて・・・って思ってしまいます(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/22

「ディパーテッド」

マーティンスコセッシ監督の「ディパーテッド」見てまいりました。

アイルランド系マフィアのボスを演じるジャックニコルソンが冒頭に語る言葉に「アメリカ」が凝縮されていたように思います。

監督とディカプリオ 来日の模様はこちらです。

マットデイモンもディカプリオも不安を抱えた人物として好演してましたが、やっぱりマットデイモンの方が格上でしょうか(^^ゞ
ジャックニコルソンはほんとそのお顔だけで、何にもしゃべらなくっても怖いし、存在感あって、まだまだ悪役して欲しいです(^^)v 

以下ネタばれありです。

続きを読む "「ディパーテッド」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/01/21

スコセッシ監督と遠藤周作

小説新潮の12月号(遠藤周作特集)を読んでいたら、昨日公開された、映画「ディパーテッド」の監督である、マーティン・スコセッシ監督が、遠藤周作の「沈黙」を製作するという記事があった。
スコセッシ監督といえば、問題作「最後の誘惑」やダライラマ14世の半生を描いた「クンドゥン」 他にも「レイジングブル」や「アビエイター」を作った人ですが、構想15年という遠藤周作の「沈黙」をどのように描くのか・・・
カナダでロケをするらしいのですが、そうなると日本の物語でない形にするのでしょうか?!?

公開は来年らしいのですが・・・ 心に留めておこうと思っています。

さて 明日はディパーティッドを見てこようかな!

マットデイモンとジャックニコルソンの絡みが楽しみです。
ディカプリオさんはあんまり興味ないのですが、賞とは無縁の彼が、どんな演技をするか見てこうようかな(^^ゞ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧