« 「マンマミーア」 大阪 千秋楽 | トップページ | 「ハゲタカ」 大森南朋 »

2007/02/17

「スイーニートッド」 市村正親 大竹しのぶ

スイーニートッドを見てきました。知ってる方はお分かりだと思いますが、「きゃぁ~~~っ」 な舞台でありました。
面白かったと言ったら怒られそうな舞台ですが、今回は2回最後列という私がディレクター席(^^ゞと呼んでいる席だったので、次はもう少し近くで見たいなぁ~と思いながら、ほんとに興味深くみておりました。

これはミュージカルなんだけど、ミュージカルでなく、でもミュージカルにしないと、このお話は語れないんじゃないか・・・と不思議な旋律の音楽が微妙な位置に存在してました。

市村さんも大竹さんも他出演者も無茶苦茶歌がうまいわけではありませんが、その不思議な旋律の上にのった語りが、ある時は心地よく、ある時は気持ち悪く、言葉としてはっきりと聞こえてきます。大竹しのぶさんのせりふが一番はっきり聞こえていました。

このおどろおどろしいお話が、終わったとき舞台に出てきた主役二人は、そのおどろおどろしい雰囲気を一瞬にして変え、出演者も観客も充実した拍手で追われるというのは、すごいことだと・・・このカンパニーのすごさを見せられました。

宮本亜門さん演出は、はじめてみたのですが、お客さんのことを考えてくれてる舞台だなぁ~と感じました。
一番後ろの席でも飽きなかったですよ、1部はちょっと長いかな?という気もしますが、いろいろ伏線がありますからね。

  
今回 城田勇という、今人気の「テニスの王子様」に出ていた俳優さんを見たのですが、なかなかよかったであります。「ハケンの品格」に出ているあの人・・・ ご夫妻と競演してるのね?!とプログラムを見て思ってました。この20歳の青年は私の好きなタイプではありませんが、背が高いし、これからミュージカルで活躍されるんじゃないでしょうか?!

武田真治さんは悩める難しい役ですね、でも好演だったんじゃないでしょうか?

この物語を好きだって言ったら、怖がられるかもしれませんが、人間が繰り返す歴史をながめると、変なことでもないかもしれません(~_~;)

復讐劇はギリシャ悲劇にもシェイクスピアにもあって、人にずっとものを考えさせてきたはずだけど、やっぱり歴史は繰り返すんでしょうか・・・

さて、このお話しはジョニーデップ主演で今年中に映画になるみたいだけれど。。。彼は歌うのだろうか?ミュージカルとしての映画になるのかな?
でも歌わないで、お芝居だけとなると怖すぎるかもしれない・・・
でも 楽しみにしてます。

このお芝居?!を見ながら、笑ってるときがあるんです。結構あぶない歌詞なのに、笑っちゃうんです。人間ってほんといろんな面を持ってるんだなぁ~って、いまさらながらに思います。

プログラムに、復讐に関する格言が書いてあるんだけれど、その中のひとつ

「よその男に妻を盗まれたら、最もよい復讐は、その男に妻をまかせることである・・・」ユダヤのことわざ

これって わかるようで わかりたくなくって でも真なりって思ったりして(^_^;)

|

« 「マンマミーア」 大阪 千秋楽 | トップページ | 「ハゲタカ」 大森南朋 »

コメント

そうそうこの作品ってオドロオドロシイのになぜか笑っちゃう部分があるんですよね。
城田優クン、私も注目しました!これからが楽しみな人ですね。
宮本亜門さんのほかの作品にも興味がでてきました。

投稿: gambie-cat | 2007/02/19 19:21

gambie-catさん
お帰りなさい!
たくさん石丸さんと笑ってきたなんて・・・羨ましい(^^ゞ

さて このスイニートッドはなんかいつもと違った舞台で違う意味で楽しかったですね。
音楽を聴く気にはあんまりならないんだけれど、お話は面白かった・・・ここまで舞台で出来るなんて・・・それで満席なんて・・・やっぱすごい!

投稿: Tomoko | 2007/02/19 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180914/13940632

この記事へのトラックバック一覧です: 「スイーニートッド」 市村正親 大竹しのぶ:

« 「マンマミーア」 大阪 千秋楽 | トップページ | 「ハゲタカ」 大森南朋 »