« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

「錦繍」 演出 ジョン・ケアード

レ・ミゼラブルやキャンディードの演出家である、ジョン・ケアードがでかける舞台「錦繍」が東京で上演されます。
錦繍といえば宮本輝さんの初期代表作で、私の好きな小説のひとつです。

書簡形式で綴られている小説は、ドストエフスキーの「貧しき人々」しか知りませんが、この貧しき人々よりも、自然で、重い内容にもかかわらず、部分的にカラーの映画を見るような素敵な小説になっています。

この小説をですが舞台になる、それもジョンケアード演出というと見たくてたまらないのですが、現在のところ東京公演だけのようで・・・残念です。

生きてることと死んでることを同じ場所においたり、罪と赦しが絡まってたり、私の好きな分野なんですが、鹿賀丈史さん、余貴美子さんがどんな風に演じ、またどんな演出だったのかどなたか行って見てきてくださいm(__)m

蔵王のゴンドラは出てくるのかなぁ~?
あの宮本輝さんの色使いはどんな風になってるのかなぁ~?
あの主人公の品のよさを余さんはどんな風に演じるのかなぁ~? と

いろんなことを考えてしまうのでした。

明日から3月ですね、しばらく読書から離れていたので、今読んでいる、重松清さんの「卒業」を読んだら、「錦繍」を再読しようかな。何度目でしょう???

「錦繍」は改訂版になっているのですが、以前とどこが違うのでしょう?
めちゃくちゃ気になるぅ!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/02/23

「ハゲタカ」 大森南朋

先週の土曜日にNHKのドラマ「ハゲタカ」を見まして、あまり知らない世界のことが描いてあり、明日の放送をとても楽しみにしている私です。
このドラマの主役は"大森南朋"(おおもりなお)さんで、たくさんの映画で、脇を見事に演じ、そして、「Dr.コトー」では心優しき人間を演じてらっしゃって、気になっていた役者さんです。

Dr.コトーの役とは違い、傷を背負いながらも、悪役とも言えるクールな人間を演じているのですが、それがなかなかカッコイイのです。
優しき人も、悪役も演じられるのが役者!と思っておりますので、彼はこれからもっともっと活躍してくれるといいなぁ~と心から願っております。

彼のサイトでは、彼の書く文章がなんだか味があって興味深く、また「Dr.コトー」撮影中のエピソードが書かれていて、へぇ~ こんな感じの人なんだぁ~とまた新たな発見だったりします。

文末の「-合掌-」も何故か気に入ってしまい、もう少し頻繁に更新してくれないかなぁ~と思います。

朋を「お」と呼ばせるんですね・・・
 私は おこ???(^_^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/17

「スイーニートッド」 市村正親 大竹しのぶ

スイーニートッドを見てきました。知ってる方はお分かりだと思いますが、「きゃぁ~~~っ」 な舞台でありました。
面白かったと言ったら怒られそうな舞台ですが、今回は2回最後列という私がディレクター席(^^ゞと呼んでいる席だったので、次はもう少し近くで見たいなぁ~と思いながら、ほんとに興味深くみておりました。

これはミュージカルなんだけど、ミュージカルでなく、でもミュージカルにしないと、このお話は語れないんじゃないか・・・と不思議な旋律の音楽が微妙な位置に存在してました。

市村さんも大竹さんも他出演者も無茶苦茶歌がうまいわけではありませんが、その不思議な旋律の上にのった語りが、ある時は心地よく、ある時は気持ち悪く、言葉としてはっきりと聞こえてきます。大竹しのぶさんのせりふが一番はっきり聞こえていました。

このおどろおどろしいお話が、終わったとき舞台に出てきた主役二人は、そのおどろおどろしい雰囲気を一瞬にして変え、出演者も観客も充実した拍手で追われるというのは、すごいことだと・・・このカンパニーのすごさを見せられました。

宮本亜門さん演出は、はじめてみたのですが、お客さんのことを考えてくれてる舞台だなぁ~と感じました。
一番後ろの席でも飽きなかったですよ、1部はちょっと長いかな?という気もしますが、いろいろ伏線がありますからね。

続きを読む "「スイーニートッド」 市村正親 大竹しのぶ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/02/12

「マンマミーア」 大阪 千秋楽

大阪「マンマミーア」千秋楽に行って来ました!
もう、盛り上がりましたよぉ~。いつもと拍手が違う!でありました。
カーテンコールはいつもより多かったですし、保坂さんのご挨拶もありました。
必ず大阪に戻ってきます!という言葉とともに、thank you OSAKA の文字が・・・
前から2列目だったので、すごいパワーに圧倒されて、素敵で楽しく
元気をもらえる時間を過ごしてきました。

保坂知寿さん 本当にお疲れ様でした。689回のうち、何回演じられたのでしょう?!
あの細い体でパワーいっぱい。今日のソフィ:吉沢梨絵さんにドレスを着せるシーンではお二人とも涙ぐんでるように見えました。
今日は私も娘と一緒に見ておりましたので、なんだか子供が育っていくってこういうことなのねってちょっぴり寂しい気分でした。

本日のハリーは飯野おさみさん やわらかくいい感じ、ビルは野中万寿夫さん(^^)v久しぶりに拝見して暖かさのかたまりのようでよかったです!娘にとっては夢夢のやくざさんですから(笑)不思議そうでした。

スカイは岡田亮輔さん・・・初めて見るお名前でしたので、プログラムを購入して見てみると、アンサンブルにお名前がありました。これから!の方なんですね。
あと注目はペッパーの大塚道人さん!今までで一番好きなペッパーでした。それからやっぱりかわいくて一生懸命の五十嵐可絵さん!娘もあんな人になりたい!と言ってました。

まさに 「Thank You For The Music」 の1日でした。

今日は千秋楽とあって、記念品の手鏡を頂戴しました。大切にします。
いろんな席で5回ほどみましたが、いつも楽しいミュージカルでありました<m(__)m>

続きを読む "「マンマミーア」 大阪 千秋楽"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007/02/09

「マリーアントワネット」 梅田芸術劇場

2回目の「マリーアントワネット」を見てまいりました。
昨年は辛口のコメントを書いてしまいましたが、2回目は前から4列目でしたから、俳優さんの表情がよく見えて、そういう意味では面白かったであります。

しかし・・・やっぱりこのミュージカルは、「M.A」というタイトルのミュージカルにかえていただきたいであります。そんでもって 二人は姉妹???・・・みたいな(^^ゞ 

そして、二人のM.Aの誇りと救いを伝えていただきたいと思うのですが・・・

今日のマルグリッとは笹本さんでした。彼女を見たのは久しぶりなのですが、よく声でてました(^^)v

以下 再び好き放題書きます。

続きを読む "「マリーアントワネット」 梅田芸術劇場"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/02/05

「マリーアントワネット」 ソフィアコッポラ監督

映画「マリーアントワネット」を観てきました。

ソフィア・コッポラ・・・脚本家 写真家 デザイナー 女優 と華やかな肩書きを持つ、あの有名なフランシス・フォード・コッポラ監督(地獄の黙示録・ゴッドファーザー)のお嬢さんがこの映画の「監督」です。
父親の映画はブラックなイメージですが、彼女の画面は色が華やかで、厭味無く綺麗です。シルクとサテンの世界が広がっておりました。

以下 ネタばれありです。

続きを読む "「マリーアントワネット」 ソフィアコッポラ監督"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/02/02

「文殊荘」天橋立

070202

天橋立の文殊荘にカニを食べに行ってきました。
長年の夫の願いであった「カニのフルコース」を食べるための旅行です。
夫と二人だけで、電車に乗ってでかけたのは、15年以上前かもしれません(^^ゞ これでまたしばらくないかもしれませんが(笑)なかなか面白い旅でした。

当初 車で行く予定だったのですが、天気予報を見て、前日に電車で行くことに決めました。電車で行って正解!行きは青空でしたが、到着後雪が降り出し、とってもきれい朝には10センチほど積もっていました。
雪を見ながら、日本酒を飲み、カニを食べるのは幸せなことでした。私は日本海育ちなので、カニはそんなに珍しくないのですが、それでも、焼きガニやカニのお刺身は食べたことがなく、美味しいを連発しておりました。

さて お宿の文殊荘ですが、車で行きますと連絡しながら、電車で行くと言ったり、到着時間を変更したり、駅に迎えに来てくださいとわがまま放題しましたが、親切に対応してくださいました。
玄関を入ると暖炉があって素敵なスペースになっており、そこのラウンジで雪を見ながら、お茶を飲んだのは素敵な時間でした。
文殊荘にはスリッパがなく、ソックスのような足袋を用意してくださっていて、畳敷きの廊下を歩くのは、気持ちのいいものでした。通路のあちこちに、菜の花や蕗の薹、フリージアが飾ってあって、和みました。
お部屋は運河に面しており、大きな窓から見る、雪景色は、本当にきれいでした。
ちゃんとライトアップしてあるので、夜でも雪が幻想的に見えるのです。

温泉は海のそばですから、少し塩っ辛いのですが、気持ちよく、露天風呂もきれいでした。雪が降ってる中の露天風呂は憧れでしたので、満足です(^^)v
嬉しかったのは、カニを食べた後の浴衣では、気持ち悪いでしょうからと、寝る時用の柔らかめの浴衣を出してくださったことです。こんなの初めて!
お布団は羽根布団で暖房を消していてもとっても暖かでした!

一番楽しみにしていた夫が風邪気味でお酒があまり進まなかったのは残念ですが、それでも来年 また行こう!と言ってくれたのが嬉しかったかな(^^ゞ 

天橋立は子供の頃から何度か行っていたので、観光は一切無しだったのですが、この近くの文殊堂はとってもよいお寺さんで、母が何かにつけて、ここにおまいりに来てくれてたことを思い出しました。今度は母も一緒に、家族でいけるよう、一生懸命仕事しようと思うのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »