« 「宮本輝ミュージアム」 追手門学院大学 | トップページ | 「遠藤周作文学館」 外海地区 出津町 »

2006/12/02

「RENT」ブロードウェイキャスト 大阪公演

舞台の「RENT」をはじめてみました!
映画を先に見ていて、DVDも見たりしていたので、好きな曲もありますし、ほんとに楽しみに出かけてきました。

会場に足を踏み入れると、そこにはシンプルな舞台セットがあり、ワクワクしてきました。そして、なんと生バンド!これは嬉しかったですね。うしろのギターの人がよく見えなかったのが残念でしたが、生!というのはたまりません。

1部が始まると、あぁ~舞台ってこうなってるんだ、セットがいいなぁ~とか、この人の声すごいとか、字幕ってこんな風に出るのね、ちょっとはしょってない?とか、英語が理解できたらもっと深いかも?!とかいろんなこと見てましたが、2部の「シーズンズオブラブ」が始まってから最後まではもう「RENT」の世界にどっぷりと浸かってしまい、そうだったのかぁ~ そういうことだったのね クシュン(涙)と終わった途端、もう一度最初からお願い!!!と思ってしまいました

映画では、マーク、エンジェル、モーリーン&ジョアンヌ に目がいったのですが、舞台では、ロジャー&ミミ そしてコリンズに注目でした。
コリンズが歌う「I'll Cover You」は鳥肌物で、誰か私の為に歌ってぇ~と切に願ってしまいました。
アンサンブルの中にも歌が上手な方がたくさんで、ブロードウェイに生きる方々の層の厚さが伺えました。

昨日はきしくも、「世界エイズデー」だったそうですが、舞台のほうは、映画ほどHIVの話しという感じではなく、どちらかというと、貧困のほうにスポットが当たってたように思います。
舞台には若者がいて、はちゃめちゃなこともするし、ゲイだったり、レズだったり、麻薬もでてきたりしてそちらのほうが、目立ったり話題になったりするのですが、このお話しは、老若男女問わず、万人がかかえてる、哀しみ、苦しみ、悩み、孤独、を現していて、それでいて、希望を失わない。人が持ってるところのものを余すところなく、エネルギッシュに切々と描いてるのではないかと・・・

小さな小屋で、もう一度みたいと思います。
もっとお客さんと舞台の一体感が感じられるといいですよね。
日本の「RENT」も再び動き出すみたいです。
日本語の「レント」はどんなのでしょう?一度は見に行ってみようかな。

あぁ~ 音楽がずっと頭の中で・・・何度もまわっています。

   

  「ありがとう ジョナサン・ラーソン」

 みんな 孤独さ

    君はひとりじゃない 

        ぼくもひとりじゃない

 

|

« 「宮本輝ミュージアム」 追手門学院大学 | トップページ | 「遠藤周作文学館」 外海地区 出津町 »

コメント

コリンズの「I'll cover you」は心にしみますね。「I'll your shelter」って私も誰かに言って欲しいな~と思います。そうしたら少しは楽に生きられそうで・・・
「RENT」はテーマは重いのになぜか観た後元気になれるのですよね。
若い世代にも受け入れられる”本物の舞台”の真髄を観た気がしました。

投稿: gambie-cat | 2006/12/03 11:33

映画のエンジェルはカリスマ性がありましたが、今回の舞台は、目立ちすぎる人がいなく、よいカンパニーだったような気がします。
そのぶん、いろんな歌が心に染みましたし、バックの方の歌の上手さも堪能しました。
ほんとにまた行きたいですね!

東京での大合唱の話 すごいですね
私も歌いたかったなぁ~
 

投稿: Tomoko | 2006/12/04 09:33

一昨日から試みているのですが、コメントできません。
RENTのことは、わからなくてすいませ~ん。
私もしばらくぶりで、観劇できました。「異国の丘」です。

投稿: nyankai | 2006/12/07 15:49

私も何回かコメントを試みたのですがメンテナンス中だったようで・・・。
で、先の私のコメント、英語間違えちゃいました(^^ゞ「I'll be your shelter」と言いたかったのにbeが抜けましたm(__)m
きょう娘が山本耕史くん主演の「tick,tick・・・BOOM」に行きます。これはJonathanのことを描いた作品だそうで私もチケット取ればよかったと思いました。この作品はまず来日公演はなさそうですから。
「RENT」また来日して欲しいですネ!

投稿: gambie-cat | 2006/12/07 16:33

nyankaiさん 
メンテのことを告知できてなくってご迷惑をおかけしました。
私も記事が書けなくって驚きました(^^;

異国の丘 如何でしたでしょうか?
下村さんの様子 変わったと思いませんでしたか???

投稿: Tomoko | 2006/12/07 20:50

gambie-cat さん
何度も申し訳ありませんでした。
今後気をつけます。近いうちに再度あるようですからm(__)m

チックチックブーンは山本君ですよね
ジョナサンラーソン自身のお話のようですが、
「RENT」を通じて、登場人物が彼のなくなったお友達に重なる事を知り、「RENT」は天国のたくさんの人にも見守られているんだろうなぁ~と感じます。
ジョナサンラーソンはたくさんの人に助けられ、またたくさんの人を救ってるんだなぁ~ってチクチックはどんな舞台なんでしょう???

あ~「RENT」なのでありました(^^;

投稿: Tomoko | 2006/12/07 20:56

もう1回。
下村さんね、姿勢が良すぎるからかなぁ、とか、鳩胸なのかなぁ、とか無理に思おうとしたのだけれど、・・・・・お察しください。
良く考えてみたら、そんなに大切な新書を2人に任せるわけが無いとか、もっと慎重に行動しなさいとか、つっこみたくなりながら、でも今でも(携帯とかメールあるのに)ちっとも人間のやること成長してないなと愕然としたりしてました。
作品は、少し作りすぎ?たみたいな感じがしたのですが。
「異国の丘」の合唱はありませんでしたが、抑留体験者なのか、おじいちゃんの姿が多かったのが、驚きでした。

投稿: nyankai | 2006/12/08 13:03

すいません。「親書」の字、まちがえました。ハズカシ(~_~;)

投稿: nyankai | 2006/12/08 16:03

nyankaiさま
下村さんね・・・スタイルが・・・飢餓の状況じゃなかったですね(^^;

あのお話は象徴ですものね、ほんとに話は、まだまだ出づらいと思いますし、浅利さんも中国には気を使うでしょうし・・・。

観客に抑留者の方が多いのは、招待されてるからじゃないでしょうか?アルプにそんなようなことが書かれてました。

投稿: Tomoko | 2006/12/09 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180914/12907193

この記事へのトラックバック一覧です: 「RENT」ブロードウェイキャスト 大阪公演:

« 「宮本輝ミュージアム」 追手門学院大学 | トップページ | 「遠藤周作文学館」 外海地区 出津町 »