« 「新妻聖子」 スタジオパークからこんにちは | トップページ | 「加藤敬二」 スタジオパークからこんにちは »

2006/12/16

「硫黄島からの手紙」  

硫黄島からの手紙」を見てまいりました。
父親達の星条旗」を見たときよりも、私が日本人であるからかもしれませんが、あとからあとからじわーっと染み入る映画となっていました。
主演は渡辺謙が演じる「栗林中将」ですが、彼の胸についたたくさんの勲章が空しく、意味の無いものに見え、パン屋さんだった二宮和也演じる「西郷」と、憲兵隊をくびになった、加瀬亮演じる「清水」この二人の無名兵士が中心になってるように思いました。この二人の演技は静かに感動しました。

先週だったかドラマで見た「戦場の郵便配達」で、この島には、兵士ではなく、食料を作るために配属されていた中学生がいたこと、その子達が、二人に一つの手榴弾をあてがわれ、自決した事、映画でもキャスティングされていた、市丸少将が、死ぬ前にルーズベルト大統領に、手紙をしたため、その手紙が今でもアメリカに保存されている事を知りました。また、正直興味がなかったとはいえ、このような事実を知らなかったというのは日本人として少し哀しい気もします。

人間はいろんなところに所属しているわけですが、個として生きることの難しさを改めて提示し、彼がいつも問うている、善と悪だけで語られない部分をクリントイーストウッドが教えてくれているような気がします。

人はみんな母親から生まれ、家族が家族を思い、戦争が、その家族の思いを悲しみの中に入れることは間違いないでしょう、それは勝った国、負けた国に共通する思いで、その思いを強く認識する事が大切なんだと感じました。
世の中にはいろんな考え方の人がいて、それもどの国にも共通する事、個としての自分を忘れずにいることは簡単そうで、すごく難しいことだと・・・私自身の個ってなんだ?と不思議な気分になるのでした。人間は人も殺せるし、介抱もできる。。。ということでしょうか・・・

クリントイーストウッドってやっぱりすごい!!!次はどんな映画?と楽しみになります。この映画はアメリカですでにたくさんの賞を受賞しているのは、嬉しい反面、日本人には作れない映画だったのかなぁ~と遠くをみつめてしまいます。

いろんなHPを見て、クリントイーストウッドのインタビューや出演者のコメントを読みましたが、日本の出演者も意見を述べ、それが取り入れられてたり、気がついたら撮影されていた・・・というエピソードにも感激してしまう私です。

今年は「手紙」という言葉に縁がありました。
年賀状を書く季節となりました。手書きの言葉を添えて出したいと思うのでした。

あぁ~ 二宮君の表情が・・・今でも目に浮かびます。

|

« 「新妻聖子」 スタジオパークからこんにちは | トップページ | 「加藤敬二」 スタジオパークからこんにちは »

コメント

同じく。
そしてこの映画の細かなことを語ればもっともっと
いつまででも話し合えるような気がします。
それは人間の原型の話(ユング)までいきとどくくらい。

イーストウッドがこの映画に辿り着くまでの深みと怒りと哀しみ。
思い知らされます。
単純に自国の罪と罰や反戦、正義など簡単に作られていない。
これはこういう映画だよ、といった瞬間足をすくわれてしまう
ような、説明し難い映画のような気がします。

さらには。
日本の優れた俳優たちのその瞬間に映し出されたひとつひとつ
の表情が心に残り、見逃していた表情をもう一度見たくなる。
やっぱりラスト30分の二宮君の表情はもう一度映画館で見たいよ~・・

投稿: yoshi | 2006/12/16 19:43

yoshiさん

この映画を見て、ミリオンダラーベイビーの意味合いが深まったような気がします。クリントイーストウッドがずっと伝えたいことって極端に不謹慎でいえば、人間は大馬鹿でかつ素晴らしいということかな???
個と集団で人間性が変化するというのは、いつの時代にもあることで、私なんかあの時代に生きていたら・・・個の自分と集団の中での自分がまったく違ってバラバラだっただろうと・・・あぁ~ そして何が起こっても人のせいにしそうだし(~_~;)

全編日本語で上演するのは、クリントイーストウッドにとっても冒険だったはずなのに、日本語上演で数々の賞を受賞しているのは嬉しい事ですね。

クリントイーストウッドの宗教観ってどんなんだろ?無宗教っぽく見えてしまいますが・・・

投稿: Tomoko | 2006/12/16 21:41

はじめまして!aoiといいます☆
私も「硫黄島からの手紙」を見に行ったのですが、こういう戦争に関する事実って本当に日本では詳しく教えてくれないというか、こういう機会がなかったら、私も知らないまま通り過ぎていってしまった気がして、それって怖い事だなぁと思います。

この映画を見ていると、此処にいたのは本当にごく普通の人たちだったんだなぁと、せつなく思いました。
1人1人を見れば、アメリカ側も日本側も、家族や祖国を思う同じ人間なのになぁって。

先日、「硫黄島~」に出ていた加瀬亮くん主演の「それでもボクはやってない」の試写会に行ってきたのですが、すごく考えさせられる映画で、これも本当にオススメです!!
長々書いてしまいましたが、私も映画や舞台が好きなので、またいろいろお話させて下さいネ☆

投稿: aoi | 2006/12/25 11:59

aoiさん
はじめまして!
ほんとにこの映画は忘れられない映画のひとつとなりました。
今 aoiさんのブログみてきたんですけど
どこにコメントつけよう!と思うくらい
興味深い記事がたくさん!
試写にたくさんいってらっしゃるのも羨ましいですm(__)m

先日予告で「加瀬」さんの裁判シーンを見ました。
とっても楽しみですm(__)m

投稿: Tomoko | 2006/12/25 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180914/13087054

この記事へのトラックバック一覧です: 「硫黄島からの手紙」  :

» 配達日指定と着払い [定形外郵便の料金 郵便局の定形外郵便の送り方]
定形外郵便について、料金や送りかたなどをわかり易く解説。 料金、サイズ、日数、出し方など具体的に説明します。 [続きを読む]

受信: 2006/12/16 18:19

» 硫黄島からの手紙みた。 [泣ける映画と本のblog]
今回のイーストウッド監督は凄い。 すべてをひっくり返した。 アメリカ映画の常識、アメリカ人の視点、映画の求めてきた娯楽、 正義、悪、ストーリー展開、定石、、すべてをひっくり返した。 そして大きな仕掛けをもっ... [続きを読む]

受信: 2006/12/16 19:43

» 「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。 [続きを読む]

受信: 2006/12/27 10:06

« 「新妻聖子」 スタジオパークからこんにちは | トップページ | 「加藤敬二」 スタジオパークからこんにちは »