« 「21世紀に生きる君たちへ」 司馬遼太郎 | トップページ | 「RENT」ブロードウェイキャスト 大阪公演 »

2006/11/29

「宮本輝ミュージアム」 追手門学院大学

追手門学院大学図書館に数年前出来た>宮本輝ミュージアムにお友達>(RK's blog on&off)と行ってきました。
宮本輝氏がこの大学の一期生で、ずっと前にドラマになった「青が散る」という小説がこの大学を舞台に書かれていると言うのは、関西では有名な?お話です。

今回は「ひとたびはポプラに臥す」展が開催されており、この紀行文を興味深く読んでいた私には、狭いながらもこじんまりとすっきりとしたミュージアムが、とってもゆったりとした空間に感じられました。
彼の使っていた、万年筆や、専用原稿用紙に書かれた、独特の青い文字は懐かしい気持ちがしました。

>以前にも書きましたが、宮本輝さんの全集を持っているくらい、大好きな作家さんだったし、今も気になる作家さんでありますが、以前のように、単行本をすぐ買うという風ではなくなってました。その中で、この「ひとたびはポプラに臥す」は小説ではなく、紀行文でありますが、宮本輝さんの人柄がよく出ていて、すいすいとまた、シルクロードの景色を楽しみながら読むことができました。その後書かれた、「草原の椅子」には感激したことを覚えています。

文明社会に生きる、時間に追われた人間が、あの自然と対話せずには生きていけない場所で、死も意識しながら、旅するメンバーそれぞれの描写が甦り、「いつも忙しそうにしてるね」と言われる、自分の生活にぽとんと何かを波紋を投げかけられてる気分になります。

空中が星だらけ!という景色は一度みてみたいと切に思います。ただ、水を飲んでもお腹を壊す、何日車で走っても砂漠だらけ・・・はやっぱり・・・って思ってしまいます(^^ゞ

鳩摩羅什(くまらじゅう)という1600年ほど前、仏教伝播のために歩いた道を歩くという設定ではあったけれど、この紀行文は「宮本輝」さん探しのような気もします。
息子さんとの時間、通訳であるフーミンちゃんとのみょうちくりんなやりとり、カメラマンのハヤト君の目、気遣いの秘書 ハシ君等、一緒にいったメンバーがとってもよくってうらやましい。通訳であるフーミンちゃんに是非「宮本輝さんはどんな人ですか?」と伺ってみたいと思ったりします。

さて久しぶりに、大学という場所に足を踏み入れましたが、まぁ~校舎も学生も小奇麗で、おしゃれなカフェがあったり、コンビニがあったり・・・この図書館が駅から数分であれば、しょっちゅう通ってしまう!と思うほどでした。
校舎内や教室にはほとんど入っておりませんが、外を歩く学生を見てると、素敵なサロンに毎日顔を出してるんだなぁ~と錯覚するほどでした。

美術館は一人で行ったりしますが、駅から遠い大学という場所で、一緒に行ってくださった友人と、窓からの景色が広いカフェで、お茶を飲みながら、ミュージカルの話等いろんなことをお話し出来たのは、至福の時間でありました。

帰りは、学生バスに乗ったのですが、なんか緊張しちゃいました(笑)

さて今日は帰りに本屋さんで買った「スワートの男」を読むことにしよう(^^)v

一緒に行ったお友達の記事はこちらです。

|

« 「21世紀に生きる君たちへ」 司馬遼太郎 | トップページ | 「RENT」ブロードウェイキャスト 大阪公演 »

コメント

Tomokoさん、こんばんは
宮本輝、昔 よく読みました
私は「錦秋」という本が
とても好きでした
追手門学院大学が「青が散る」の舞台だったとは
知りませんでした!

投稿: かおり | 2006/11/29 23:35

かおりさん  おはようございます。


昨日買ってきた「宮本輝の本」によると「錦繍」は19年かかかって100万部を超えたそうで、静かなるロングセラーのようで、英語 中国語も訳されているそうです。

そうそう「錦繍」には舞鶴も出てきますよね(^^)v

投稿: Tomoko | 2006/11/30 08:36

こんにちは、昨日はありがとうございました。
私からもTBさせていただきました!
やはり「錦繍」ファンは多いみたいですねえ。

またいろいろご一緒させてください。

投稿: RK | 2006/11/30 16:18

kazukiさん

こちらこそ!私一人では行っておりません(^^;
楽しい時間でした。
暖かくなりましたら、またどこかに行きましょう!

輝さんは多い時で6本書いてたそうです(-_-;)
もうそろそろゆっくり書いてもいい頃じゃないかと思ったりします。
流転の海からはじまった父と子の物語は6部まで行くみたいですよ
私も「天の夜曲」を読もうかな。
80歳のファンの方から「このシリーズ はよ書いて!ワシが間に合わん」というお手紙が来たそうで(^^; ほんと早く完結して欲しいです。

投稿: Tomoko | 2006/11/30 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180914/12868601

この記事へのトラックバック一覧です: 「宮本輝ミュージアム」 追手門学院大学:

» 宮本輝ミュージアムに行ってきた [RK's blog "ON AND OFF"]
何を隠そう(?!)、宮本輝ファンだった私。 ファンだった、と過去形なのは・・・一時は単行本は全て揃えていたくらい大好きだったんだけれど、あるときから新作を読んでも全く感動できず、どれも似通った内容に感じるようになったから。 思えば、最初にはまったのは高....... [続きを読む]

受信: 2006/11/30 16:13

« 「21世紀に生きる君たちへ」 司馬遼太郎 | トップページ | 「RENT」ブロードウェイキャスト 大阪公演 »