« 「石田徹也」遺作集 | トップページ | 「プロデューサーズ」 »

2006/10/20

「プライスコレクション~若冲と江戸絵画」展

いつも読ませていただいてる RK's blog "ON AND OFF" に紹介されていた、「プライスコレクション~若冲と江戸絵画」展 午後から用事があったのですが、いてもたってもいられず、京都国立近代美術館に行って見てまいりました。

ほんとに行ってよかった絵画展でした。
日本画を見て、こんなに溌剌とした気分になったのは初めてです。

伊藤若沖」が中心の絵画展でしたが、私が一番気に入ったのは、「長沢芦雪」。 はみ出しそうな勢いと、どことなくユーモラスで、絵にも上方の香りがするんだろうか?と後で思ったほど元気付けられる絵でした。幽霊の絵もありますが、あんまり恐くないんです。
丸山応挙のお弟子さんのようですが、芦雪は知りませんでした。芦雪のほうが面白いと思うのですが、少しまねっこがはいってるのでしょうか?(^^ゞ

「若沖」の絵でよかったのは 「鶴図屏風」 で、鶴の体の丸い線がなんともいえず、優しく、持って帰りたい気分でした。

この二人の絵は、洋間に飾っても大丈夫!なんじゃないかな?と思うほどモダンな感じです。

もう一人 印象に残っているのは、「鈴木其一」で、どれも品のある絵でした。

きれいな美術館で、グッズを売ってるお店の店員さんと、話し込んでしまいました。芦雪と若沖どっちがいいかなぁ?!と・・・楽しいひとときでした。

帰りに、疎水に面したカフェで美味しいコーヒー飲んできました。外でコーヒー飲むのは久しぶりですが、時間の流れが疎水の流れのようにゆったりしていて幸せいっぱいでした。

   
それにしても、今日見た絵画が、外国人所蔵とは・・・ちょっと残念ですね。
でも江戸時代の作品が、散逸せず、またほんとにきれいな保存状態で、現在こうして見れるということは、プライスさんの眼力と財力のおかげですね。
ただ、音楽にしても、絵にしても、外国人に認められてはじめて、日本人が認めるということがないように祈ります。

そういえば 浮世絵もボストン美術館に山ほどあるとか。
明日から 「肉筆 浮世絵展」が東京ではじまりますね。
11月に行ってみようかな!

来春には京都の相国寺で「若沖」の作品が見られるとか、日本に残っている作品もあるみたいなので楽しみです。

|

« 「石田徹也」遺作集 | トップページ | 「プロデューサーズ」 »

コメント

こんにちは、RKです。
コメント&トラックバックありがとうございました。
プライス・コレクション、本当に良かったですよね!
こんなにたくさん所蔵しているプライス氏に、嫉妬心すら感じてしまいます。1枚くらい、譲ってほしいです(笑)。

投稿: RK | 2006/10/21 10:13

RKさま

ゆっくり見ることが出来、日本画を見てるのに、外国に行った気分でした。
「応挙と芦雪展」が奈良で開催されてるらしく、正倉院展とセットでどうぞって書いてあった記事があって・・・どうしようか迷ってます(^_^;)

投稿: Tomoko | 2006/10/21 11:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180914/12356359

この記事へのトラックバック一覧です: 「プライスコレクション~若冲と江戸絵画」展:

« 「石田徹也」遺作集 | トップページ | 「プロデューサーズ」 »