« プラド美術館展 | トップページ | 花田少年史 »

2006/09/01

ダニー ザ ドッグ

「姫のお楽しみ袋」でモーガンフリーマンの出演リストをアップしてくださったので、少しずつみていこうとダニー ザ ドッグ借りてきました。

ジェットリーって誰?という状態で見ました。アチョーッ系の人なんですね(^^ゞ
アクションの動きとしては早回ししてるの?と思うくらいすごいんですが、私はバイオレンスな映画は嫌いですので、はじめのほうは見てられないシーンがたくさんで、どうなるのかなぁ~と思ってたら、モーガンフリーマン登場!でほっとしました。
品の悪い安っぽいマフィアのボス(ボブ ホプキンス)と対象的でした(^^ゞ

  
静かな流れの映画と、アクション&バイオレンスの二つの映画が混ざり合ったような作品で、モーガンフリーマンが出ている部分は、人間味が溢れ、そうでないところは、暴力的で、私としましたら、モーガンフリーマン扮する、盲目のピアノ調律師さんが素晴らしく、ほとんどそのことにしか印象がありません。
現実にはあり得ない(アメリカではあるのかな?ファイターとして育てられた人・・・)お話しにしても、なんとも奇妙な映画でした。

これはジェットリーの為に作られた映画なのでしょうか?
アクションスターだけでなく、演技力もあるんだよぉって示したかったのでしょうか?
そうだとしたら、アチョーの場面をもっと減らしていただきたかったなぁ~。
少年のような目をしたところは印象的でしたが、それがアクションになるとね、別人だもん、あのおどおどした感じで強かったら面白いかも・・・。

よかったぁ~と思うのは、調律師とその娘は血が繋がっていなくって、犬として育てられた人も含めて「家族なんだ!」というところでしょうか。
怪我をしていて、金属の首輪をつけている人間をずっと家に泊めるなんて、考えられませんが、そんなことを抜きにして、「家族」のあり方について、いろんな形があってよいのだと教えてくれてるのでしょうか?  先日見たキャラメルボックスの「雨と夢のあとに」とその辺りの考えは似てる気がします。

モーガンフリーマンはずっとサングラスをしてるんですが、表情が見えるような演技です!声はやっぱり素敵だし(^^)v 彼が出てくると、映画の空気が変わります!
一緒にピアノ弾いてみたい・・・(^^ゞ

蛇足ながら、ピアノ連弾シーンでカルメンの曲をジェットリーが人差し指だけで伴奏し、メロディーを調律師の娘が引くのですが、我が娘に強要して真似してみました。楽しかったですよぉ~(^^)v 映画の楽しみ方はいろいろですね(^^ゞ

|

« プラド美術館展 | トップページ | 花田少年史 »

コメント

>あのおどおどした感じで強かったら面白いかも・・・

これじゃギャグになってしまいますよ!おびえながら振り向いたら、悪者に当たって、ひゅるるるる~と倒れちゃったりとか・・・。

投稿: チュチュ姫 | 2006/09/02 00:12

チュチュ姫さま

(^^ゞ (^^ゞ
アチョーっていったら
ジャッキーチェンしか思いつかないもので・・・(^^ゞ

投稿: Tomoko | 2006/09/02 08:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180914/11719416

この記事へのトラックバック一覧です: ダニー ザ ドッグ:

» カンフー映画と呼ばないで!−『ダニー・ザ・ドッグ』 [姫のお楽しみ袋 ]
Unleashed この映画がアメリカで公開されたとき、NBCの"Today Show" という全国ネットの朝番組に、ジェット・リーとモーガン・フリーマンが呼ばれていた。普段、書斎を装ったセットのソファーに座ってインタビューす... [続きを読む]

受信: 2006/09/02 00:14

« プラド美術館展 | トップページ | 花田少年史 »