« ボローニャ国際絵本原画展 2006 | トップページ | 遠藤周作さん その2 »

2006/09/26

「99%の誘拐」 岡嶋二人

「これ面白いよ」 と娘から渡された「99%の殺人」は確かに、だんだんと読むスピードが速まった本でした。

パソコンを駆使している小説の内容なので、出版当初に読んでいたら、こんなこともできるのかぁ?と思ったかもしれません。

それより何より 私はこの作家のことを知らず、後書きを読んで、お二方の共作だと知り、違う面で驚きました。1作ならともかく、20作以上 共作を続けてこられたなんて、なかなかできるもんではありませんよね。仲良し夫婦真っ青の偉業だと思います。音楽デュオは多いですが、こちらは歌うという行為が発散に繋がるので、小説共作のほうが大変だと思うのですが、どうでしょうか?

  
ラストの心理描写がもう少し欲しかったなぁ~と思いましたが、文庫本最後の解説にて、この作品が、共作最後の作品だったから、仕方がないのかとも思いました。とにかく、一人で一人で というお話しでしたから・・・。

このお二人は今は別の道にすすまれ、「岡嶋二人」という作家はもう存在しないようです。この二人のことを書いた「おかしな二人」という本を読んでみたくなりました。

|

« ボローニャ国際絵本原画展 2006 | トップページ | 遠藤周作さん その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180914/12052579

この記事へのトラックバック一覧です: 「99%の誘拐」 岡嶋二人:

« ボローニャ国際絵本原画展 2006 | トップページ | 遠藤周作さん その2 »