« 「はるにれ」 姉崎一馬 | トップページ | 石田徹也さんという画家 »

2006/09/16

マンマミーア  9月15日 

昨夜は久しぶりにマンマミーアを観てきました。舞台上でほんとに美しい月を見ることができて、HAPPYな気分で帰ってきました。

今回は女性陣中心にみておりましたし、席もよかったので、今までで1番楽しめたかな?!今回は男性がみても面白い女性の為のミュージカル!という感想です。
リサ役の五十嵐可絵さんがキュートでダンスもシャープでよかったです(^^)v この方のソフィーを見てみたいと思いましたよ。
保坂さんは、力が入ってないけれどパワーがあるという 不思議なオーラがありまして、いつか 石丸さんと「サンセット大通り」をしていただきたいと思いました。

さて カーテンコールですが、本編が終わったあとすぐに、まるで申し合わせたように みんな立ち上がったのには驚いてしまいました。みんなリピーターさんなのでしょうね。でもそのぶん今までで1番楽しいカーテンコールでした。

それにしてもこのミュージカルは、もともとあったアバの曲をうまくつなげて、面白くって ほろっとさせる作品に仕上げたなぁ~と感心してしまいます。同じような感じで、ビリージョエルのミュージカルがあるそうですが、それはどんな風なんでしょうか?

   
さて 今回は男性陣と女性陣を見る目に温度差があったのは、スカイ(玉城 任)とペッパー(松本 海)が初見だったからと思われます。スカイはサム(渡辺 正)と兄弟みたいだし(^^; サムは・・・あれはああいう演出なのか・・・歌うだけでせいっぱいなのか・・・よくわかんないのですが、なんかかちこち’のように見えて、少々残念なのでありました。男性の人材がたりなくなってきてるのでしょうか? 傷心中であろう(^^;八巻さん 帰ってきてくれないかなぁ~~

男性のお客さんが増えましたね。前列にたくさんいるということは、四季の会会員だろうし・・・なんかよかったなぁ~って思います。

来年の千秋楽! すごく楽しみです。

|

« 「はるにれ」 姉崎一馬 | トップページ | 石田徹也さんという画家 »

コメント

私が初めて「マンマ・ミーア」を観た時、ちょっと精神的に弱って(大したことじゃないんですよ。)いました。観たことで、『人生ってのは、悪くないな。』と思いました。何か辛くなったら、観ると良いと思っています。
私、合唱をやっているでしょう。数年内に、アバの曲を絶対やろうと思っています。合唱に編曲されて、売ってるんですよ。歌詞は自分でつけます。ちょっとフりも付けたいです。

投稿: nyankai | 2006/09/16 23:15

nyankaiさま

アバの曲を合唱で!というのは元気が出そうですね!
わぁ~っと盛り上がりますし!
自然と体が動き出しそうですしね!

投稿: Tomoko | 2006/09/17 10:41

私も東京公演の時何回か通いました。
初日があけて間もない時は盛んな拍手はあったものの静かに興奮!
回を重ねるごとにカーテンコールは楽しいものになり・・・
千秋楽間近かの時はどこまでが舞台かわからない状態でした。
日本人も変わったな~と思いながら私もしっかりのってきました。
東京と違いキャストが入れ替わり立ち代りで・・
長丁場の公演はいたしかたないんでしょうが正直どんなもんでしょう・・・。
でも元気になれる舞台、またいつか東京で!


投稿: hiyoko | 2006/09/17 17:41

hiyokoさま

どこまでが舞台かわからない状態(+_+) どんなんだろう???
千秋楽はお祭りになるんでしょうか?

大阪はキャスト(特に男性陣)の入れ替わりが激しいので、あれっって思うときもあるのですが、新しい人が輝いてるとうれしくなりますね。今回のマンマミーアの男性陣は残念でしたが(^^;

京都ではじまるクレイジーフォーユーはずーっと加藤さんでしてほしいのですが、ほとんどこないような気もする・・・
良いキャストで というのがだんだん難しくなってくるのかな???

投稿: Tomoko | 2006/09/17 19:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180914/11916179

この記事へのトラックバック一覧です: マンマミーア  9月15日 :

« 「はるにれ」 姉崎一馬 | トップページ | 石田徹也さんという画家 »