« 小説家を見つけたら | トップページ | 壁抜け男 »

2006/08/17

「殺人の門」   東野圭吾

中学生か高校生の頃、横溝正史の小説を読みまくって、家族に気味悪がられたことがあった(笑)森村誠一の棟居刑事が好きだったり、栗本薫の伊集院大介が好きだったりして、他にもいろいろ推理小説を電車の中でよく読んだ。

最近は東野圭吾を読む事が多い。
全部読んでいるわけではないのですが、「宿命」「変身」がお話として純粋に好き。
「白夜行」「容疑者Xの献身」「天空の蜂」「どちらかが彼女を殺した」「放課後」「魔球」「難波少年探偵団」「探偵ガリレオ」 等々 それぞれがいろんな趣向をこらしていて、いい意味で予想を裏切られる作家だと思って楽しみにしています。

次は何を読もうか検討中なのですが、何かお薦めがあったら教えてください。ただ、文庫本になってるものしか買いませんが・・・m(__)m

今回読んだ 「殺人の門」は 東野さんの作品にしてはねちっこく、読めども読めども苦しいというのが私の正直な感想です。珍しく読むのに非常に時間がかかってしまいました。

極端ではあるかと思いますが、こういう主人公がきっといるんだと思います。
実際にあった事件を題材にしてるように思いますし。
それにしてもね・・・って私のほうが読後ねちねちしてますね(^^ゞ

東野さんの作品には 女性が「悪魔」のように描かれている時があって、ため息をつく時があるのですが、そんな時は「しのぶ先生にさよなら」を思い出します。
私は「しのぶ先生」みたいになりたいわぁ~(^_^;)

|

« 小説家を見つけたら | トップページ | 壁抜け男 »

コメント

「宿命」「変身」の系列が好きならば、「パラレルワールドラブストーリー」はどうですか。もうお読みになったでしょうか。せつなく胸を締め付けられる恋愛。たとえば電車にのっていて窓からそとをみていると、反対側に走る電車に乗っている異性と目が会う。一瞬の出逢い。胸がざわつく想い。そんな雰囲気の作品・・。私の東野作品ベスト5には、はいりますね。あと、推理ものなら「むかし僕が死んだ家」。「トキオ」もなかなかいい。「手紙」は近年の傑作ですが文庫にはなってなかったかな。あら。語りだすととまらなくなりそうです(笑)それではこの辺で。

投稿: yoshi | 2006/08/19 17:43

yoshiさま
アドバイスありがとうございます。
次は「パラレルワールドラブストーリー」を読むことにします。「手紙」も読みたいのですが、今日本屋さんに行ったけど、文庫本は無いようでした。
「むかし僕が死んだ家」は読みました。不思議なお話でしたね。二人だけの世界・・・
yoshiさんはたくさん読んでらっしゃるのですね!
また いつか語ってくださいね!

投稿: Tomoko | 2006/08/19 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180914/11483524

この記事へのトラックバック一覧です: 「殺人の門」   東野圭吾:

« 小説家を見つけたら | トップページ | 壁抜け男 »