« 映画 コーラスライン  | トップページ | モーガンフリーマン »

2006/08/04

デスノート DEATH NOTE

娘につきあって デスノート を見てしまいました。
私 好きかも・・・この映画(^^ゞ 
漫画とは違う後編がどうなるか、とっても楽しみ!というのはすっかり向こうのお商売にはまってしまっているのですね>自分(~_~)

原作を書いた大場つぐみ というのは誰なのでしょうね?男の人だとは思うのですが、誰だか明かさないのもミステリーの一貫か(^^ゞ

何を書いてもネタばれになりそうだし、まだ後編が残ってるし・・・

死神(リューク)が秀逸でしたね。だんだん死神のほうがいい人? に思えてしまうような映画でした。死神のほうが、死神の掟を良く守っていて、ルールを犯さない、犯す場合のリスクも心得ているというのが、人間との対比のうえで興味深いところでした。
藤原竜也が松山ケンイチ扮する L(竜崎)を演じたいと思ったのが頷ける演出でした。
藤原竜也はだんだん役に対して やりすぎなんじゃないのぉ~って思ってたような気がしますが、役者にとってはどうなんでしょうね?役と自分との乖離・・・
ちょっと面白い役どころに 藤村俊二さんが出てたのですが、この方は普通でコミック的なのですが、ミステリアスでこの映画にとってはほっとしたお顔のような気がします。ある意味、よいアクセントになってると思うのですが、どうでしょうか?

人間がよきことを行うときに力を持ちすぎると、見えなくなる部分が多すぎるのではないかと。良きことは、静かに優しく行われると美しい~なんてネ(^^ゞ

娘が友達から借りていた、漫画を6巻から読み始めたのですが、すでに映画とは違っています。
漫画を読んだのは久しぶりで、ずいぶん時間がかかるようになってしまいました。文字の多い漫画だわぁ~(^^ゞ  
内容を読んでて しんどくなるし~ 相手側を読むということに疲れるし(^^ゞ 人間は恐ろしいって思うよぉ~(-_-;)
愛する人の為に・・・っていうのは、時として或いはある人にとっては恐ろしく、邪魔っけなんだけど
でも 「愛が呼ぶほうへ(byポルノグラフィティ)」は絶対必要なんだなぁ~

|

« 映画 コーラスライン  | トップページ | モーガンフリーマン »

コメント

Tomokoさん、
すみません、記事の内容と全然関係ないんですけど、下記のサイトに娘さんと行ってみてください。
笑いますよぉ~!

http://grabby.web.infoseek.co.jp/type_b/index.html

投稿: チュチュ姫 | 2006/08/05 05:47

チュチュ姫さま
サイト開いたとたん 大笑い(^^ゞ
どうもありがとう! 我が家は夫も・・・なので(^^ゞ

他の型のことも出てきて
私はO型なんですが・・・そうだろうなぁ~って思うこと多々

面白いサイトを教えていただき 謝 m(__)m

投稿: Tomoko | 2006/08/05 09:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180914/11264198

この記事へのトラックバック一覧です: デスノート DEATH NOTE:

« 映画 コーラスライン  | トップページ | モーガンフリーマン »