« 医龍 | トップページ | 藤山直美 »

2006/06/17

チャーリーとチョコレート工場

今日は雨だったので、予定を変更して、レンタルビデオ屋さんへ行き、昨年秋に公開されていて、見損ねた「チャーリーとチョコレート工場」等を借りてきました。

ジョニーデップ!この人の顔はどれが本物?「パイレーツオブカリビアン」の人とは違う違う!ですね。そんなに好きな役者さんではありませんが、役者魂には惚れ惚れしてしまいます。楽しめる映画でした。

レンタルビデオのよいところは、見てる人と会話しながら見れることかな?!家族と会話が弾む映画でした。

原作は「チョコレート工場の秘密」で、1964年に発表されてるんですね。今度読んでみようっと。 言葉遊びの要素もあるようなので、英語で読めたらいいでしょうけどね・・・今の私にそのような情熱はないわぁ~(~_~;)

以下ネタばれなので 反転させて読んでくださいねって見てる人がほとんどでしょうが(^^ゞ

なんと奇妙奇天烈なファンタジーだろうと思ってみていると、これは箴言がたくさん含まれている教育的な映画でありました。親子で見ると、ほらほらね、生意気だとね、こうなるよぉ~、ワガママだとね、こうだよぉ~って親が言いやすくなるかも(~_~;)

ジョニーデップのキャラクターにより、お説教臭くなく流れ、ウンパルンパという語り部の役もしている小人のキャラ達?が(お一人の方がされているようです)素晴らしい!この発想はどこから来るのでしょうかねぇ~~。 たくさん笑えて、最後にはほろっと涙が・・・幸せな気分になる映画でした。 

素直になるって ほんとに難しいのですよね・・・・

|

« 医龍 | トップページ | 藤山直美 »

コメント

Tomokoさん、
コメントありがとうございました。
これ、TBしていいですか?もしやだったら消しちゃってください。
そちらからもTBしてくださいね。

投稿: チュチュ姫 | 2006/06/20 21:42

チュチュ姫さま
TBありがとうございました。
私もTBにチャレンジしてみます・・・実はまだしたことがないのです(^^ゞ

とっても素晴らしいブログなので、我がブログのサイドバーにリンクさせてください。
よろしくお願いします。m(__)m

投稿: Tomoko | 2006/06/20 22:57

ジーンワイルダーのチャーリーとチョコレート工場のほうが、素直で楽しいという話を聞いたのだが、レンタルにはなかったし・・・はて どうしよう・・・(^^ゞ

投稿: Tomoko | 2006/06/27 07:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180914/10565824

この記事へのトラックバック一覧です: チャーリーとチョコレート工場:

» お子ちゃま向けね−『チャーリーとチョコレート工場』 [姫のお楽しみ袋 ]
Charlie and the Chocolate Factory GOさんから、「そいでこの映画観たの」というお問い合わせがありました。実は、公開されてすぐ観たのですが、感想文を書くほどのこともなかったというか・・・・・。なんか私、こ... [続きを読む]

受信: 2006/06/20 21:43

» チャーリーとチョコレート工場 [のほほん便り]
奇才・ティム・バートンと、いまや大人気スターにして、天才役者、ジョニー・デップが、本領発揮! その資質と持ち味を大爆発させて作った、集大成作品。 ただ、野暮天ながら「…どうして、世界的・大ヒットになったのかしら? かなりマニアックな作風なのになぁ…」と、少々、不思議に感じたりもしてね (^^;)ヾ だって、「大人も子供の楽しめる…」と、銘うってあるあるけれど、どうして、なかなか毒が強いんですもの。 感受性の強い子供は、強烈なシュール美(あの、極彩色セットは、発想しただけで尊敬に値す... [続きを読む]

受信: 2006/10/19 16:47

« 医龍 | トップページ | 藤山直美 »